FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

ブログランキング

Amazon注目DVD

楽天

FC2アフィリエイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』

それは──誰もが逃れられない<運命の愛>

あなたの最愛のひとは
あなたを愛していますか──。



レボリューショナリー・ロード燃え尽きるまで(2008)
原題: REVOLUTIONARY ROAD
上映時間 119分
製作年・国: 2008年・アメリカ/イギリス
ジャンル: ドラマ
監督・製作: サム・メンデス
原作: リチャード・イェーツ
    『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊)
出演: レオナルド・ディカプリオ  ケイト・ウィンスレット キャシー・ベイツ マイケル・シャノン

「タイタニック」以来の再共演となるレオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレットが理想と現実の狭間で苦悩する夫婦に扮したヒューマン・ドラマ。



【あらすじ】
1950年代のコネチカット州。“レボリューショナリー・ロード”と名づけられた閑静な新興住宅街に暮らすフランクとエイプリルのウィーラー夫妻は、二人のかわいい子供にも恵まれた理想のカップル。しかし、その見た目とは裏腹に、彼らはそれぞれ描いていた輝かしい未来と現状のギャップに不満を募らせていた。元陸軍兵のフランクは事務機会社に勤めるもセールスマン人生の我が身を嘆き、かつて女優志願だったエイプリルも大成せずに至っている。するとフランクが30才の誕生日を迎えた夜、エイプリルが、家族一緒にパリで暮らしましょう、と持ちかけ、パリでは自分が秘書として働くからフランクは気ままに暮らせばいい、と言い出すのだった。はじめは妻の突然の提案に戸惑うも希望を膨らませ、ついには移住を決意するフランク。それは間もなく、周囲にも知るところとなるのだが…。


【感想】
サム・メンデス監督がまたやってくれました。

『アメリカン・ビューティー』で描いたアメリカの家庭の崩壊の舞台を
1950年代のアメリカ郊外の町に移して
コテンパンに崩壊させまくってしまいました。
今回は『アメリカン~』のようにコメディちっくな要素が
一切盛り込まれていないのでより重かった重

フランク&エイプリル夫婦は郊外の可愛らしい家に住み、
可愛い2人の子供に恵まれているのに、
自分たちは他の人とは違うんだ、
生きがいは?、夢は、希望は?
そうだ!パリに移住しようなどど言い出すんだから
困ったちゃんたちです。

でも、なんとなく突拍子もないことを言い出して
現実を打開したいと願うエイプリルの気持ちも、
愛するが故に乗っかっちゃうフランクの気持ちも
分からなくもない。

一見、わがままで傲慢に見えるけど、なんか辛そうなエイプリル。
愛されたい、認められたいと願って右往左往して
浮気までしちゃうフランク。
一緒になってはいけなかった男女だったんだろうな・・・なんて。

幸せな時の2人は本当に可愛らしいベストカップルに見えるから
壮絶な夫婦喧嘩のオンパレードは苦しかった。
エイプリルの決断も共感できなかったし、
ラストの方なんて、レオがかわいそうで、かわいそうで涙

レオナルド・ディカプリオはやっぱり素敵だわ~
レオが苦しさに悶えたり、怒ったり、泣きそうだったり、
ちょっと悪そうにいきがったり、
爽やかな笑顔を振りまいてくれてカッコ良いのに、可愛らしい
なんて罪なお方なのかしらキュンv

レオが膝間づいて、エイプリルに
「君を幸せにしたい」
とお顔をくしゃくしゃにして懇願するシーンが良いんです。
エイプリルはグサリと交わすけど、
私ならレオをギューッと抱きしめてあげちゃう
DVDが発売されたら、巻き戻して何度も観たいと思いますじーっ

そんな演技力には定評のあるレオとケイトの演技対決が予想以上に凄かった。
アカデミー賞にノミネートしなかったのが不思議な位、激しかったです上

そして、この作品で、アカデミー賞助演男優賞にノミネートしたマイケル・シャノンは、
出演シーンは少ないけど、一番辛らつにグサグサっと真実を言いまくる
ものすごい青年役だった。

そうそう、これまた『タイタニック』のキャシー・ベイツも凄い人でしたよ無言、汗
近所に一人はいそうな感じです。
アメリカの郊外の町ってどんだけ恐ろしいところなんだろう?

誰も救われない、モヤモヤした感じが残る
決して後味が良いとは言えない作品だけど、
こういう作品、私は結構好きふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート


オススメ度 : 星星星星

↓ブログランキング参加中です!応援クリックお願いします♪
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

2009-01-28(Wed) 11:47| 洋画 ラ行| トラックバック 0| コメント 4

コメント

Re: コブタさん

おはようございます。
すっかり返信が遅くなってしまってすみません
風邪でダウンしてましたのです・・・ほほほ(^_^;)

> コチラ、色々考えさせられてしまう映画ですよね!

そうでしたね。

> 私もエイプリルの気持ちは分からないではないのですが、納得できなかったのですが、人によってエイプリルに感情移入して、フランクを卑怯者扱いしている感想もあり、それぞれの価値観が見えてきて面白かったです。

なるほど、エイプリルに共感できる人は少ないかなって思ってましたが、フランクを卑怯者とは目からウロコですわ~

> しかし、、感動物のように大々的に宣伝しているだけに、、観に行ってショックうける人も多そうですよねコレ(^▼^;

そうそう、感動モノではないですよね(^_^;)
私の隣の隣のお嬢さんたちなんて終わった後、
あっけにとられてましたもの。
きっと、『タイタニック』を期待して来たのだろうな・・・
なんてちょっと気の毒な感じもしちゃいましたよ。

2009-02-09(Mon) 08:34 | URL | piyo #-[ 編集]

こんにちは!

コチラ、色々考えさせられてしまう映画ですよね!

私もエイプリルの気持ちは分からないではないのですが、納得できなかったのですが、人によってエイプリルに感情移入して、フランクを卑怯者扱いしている感想もあり、それぞれの価値観が見えてきて面白かったです。

しかし、、感動物のように大々的に宣伝しているだけに、、観に行ってショックうける人も多そうですよねコレ(^▼^;

2009-02-04(Wed) 20:21 | URL | コブタです #-[ 編集]

Re: 猫人さん

> 早速鑑賞されたのですねー☆

レオが好きなので早速観ちゃいました(*^_^*)

> 全体的に重い作品なんですね~。
> まあ、あの2人にはコミカルな演技は似合いませんよね~。

重いけど、完成度の高い映画だと感じましたよ。
『タイタニック』を期待して行くと痛い目に遭いますが、
サム・メンデスの世界観が嫌いじゃない人には
面白い作品じゃないかな(*^^)v
私にとっては好みの作品でした♪

> どちらも演技派なレオ様とケイト、
> 久々の共演で話題になってますが、
> 今作でもとても相性が良いと聞いてましたので
> わたしも後ほど鑑賞してみたいと思います(^^ゞ

演技対決は必見の価値アリですので、
感想を楽しみにしております!

2009-01-30(Fri) 15:19 | URL | piyopen #-[ 編集]

こんにちは♪

早速鑑賞されたのですねー☆

全体的に重い作品なんですね~。
まあ、あの2人にはコミカルな演技は似合いませんよね~。
どちらも演技派なレオ様とケイト、
久々の共演で話題になってますが、
今作でもとても相性が良いと聞いてましたので
わたしも後ほど鑑賞してみたいと思います(^^ゞ

2009-01-30(Fri) 13:15 | URL | 猫人 #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://piyolog12.blog91.fc2.com/tb.php/843-42f40f9c

Calendar

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

リンク

ユーザータグ

THEアメージング・レースAXNASIAベン・スティラー韓国[PG12相当]リドリー・スコットチャン・ツィイーブダペストキャシー・ベイツケイト・ブランシェット浅野忠信ニコール・キッドマンハンガリーチャン・イップチェン・ダオミンケープタウンエマニュエル・ベアールクリスティン・デイヴィスサラ・ジェシカ・パーカーリー・ハンシャンリュウ・シャオチンジェームズ・フランコレオナルド・ディカプリオフォレスト・ウィッテカーウィリアム・ハートジョアン・チェンジェリー・ブラッカイマー土屋アンナエルビラ・ミンゲスチェケリー・ラッセルデミアン・ビチルガエル・ガルシア・ベルナルミシェル・モナハントム・クルーズクレア・デインズガイ・ピアースU.M.A.吉岡秀隆井川遥ホアキン・フェニックスジュディ・デンチイーサン・ホークロバート・デュヴァル豊川悦司ペネロペ・クルスマーシャ・ゲイ・ハーデンクリスティーナ・リッチウディ・アレン佐野史郎ジェイソン・シュワルツマンルーファス・シーウェルローラ・リニーパイパー・ペラーボナターシャ・マケルホーン伊藤淳史忍足亜希子大澤豊田村高廣ブルース・ウィリスアレクサンドル・ソクーロフベン・アフレックバンテージ・ポイント阿部寛テレンス・ハワードクライヴ・オーウェンダニエル・クレイグ玉山鉄二西島秀俊東京ティルダ・スウィントン母べえ福岡クレイグ・ブリュワー竹内結子ソフィア・コッポラマリー・アントワネットサム・マクマレーコーエン兄弟レイク・プラシッド2マリオン・コティヤールデヴィッド・フロースディラン・キッドトファー・グレイス澤田鎌作ガブリエル・バーンシャイア・ラブーフジェニファー・ガーナーハビエル・バルデムジョン・シュナイダージュリエット・ルイスジェラルド・バトラーリサ・クドローダニエル・ウーフォン・シャオガンアカデミー賞ヒラリー・スワンク第80回リチャード・ラグラヴェネーズノーカントリーアイラヴユースザンナ・グラント恋は突然に。P.S.ティモシー・オリファントデヴィッド・M・エヴァンス小松隆志平岡祐太勝地涼幸福な食卓森田直幸友近ユースケ・サンタマリア北乃きい酒井家のしあわせマンディ・ムーアダイアン・キートンライアン・マーフィマイケル・レーマン恋とスフレと娘とわたしベン・アフレックジェシカ・アルバローレン・グレアム呉美保西遊記エリック・フォン・デットンアメリカン・スクール・トリップエイミー・スマートトニー・デンマンアンソニー・アンダーソン深津絵里香取慎吾ステラサミュエル・L・ジャクソンジョセフ・ファインズキリング・ミー・ソフトリーダニエル・デイ・ルイスチェン・カイコーブラック・スネーク・モーンヘザー・グレアム内村光良イーグル・アイ中村獅童娼婦ベロニカ潮風とベーコンサンドとヘミングウェイトニー・レオン金城武チャン・チェンチャン・フォンイースクリーンロードショー井口奈巳忍成修吾藤田陽子リヴァー・フェニックスジョーイ・ローレン・アダムズヴァイパー・ルームジョニー・デップヴィッキー・チャオフー・ジュン誘惑の囁きゲイリー・マーシャルチェイシング・エイミービリー・バスゲイトブルース・ウィルスダスティン・ホフマンスティーヴ・ブシェミダーモット・マローニーフェリシティ・ハフマンユウ・ヨンリン・チーリンジョン・ウー幸せのルールはママが教えてくれたリンジー・ローハンジェーン・フォンダ榎本加奈子氷の微笑2ロバート・ダウニー・Jr遠い空の向こうにジョー・ジョンストンジェフ・ブリッジスグウィネス・パルトローアイアンマンジョン・ファヴローローラ・ダーンクリス・クーパーD・J・カルーソースティーヴン・スピルバーグビリー・ボブ・ソーントンエヴァン・レイチェル・ウッド女帝ジェイク・ギレンホールエンペラーハッスル&フロウヒッチャークリスチャン・ベイルフランシス・マクドーマンドリサ・チョロデンコケイト・ベッキンセイルトゥモロー・ワールドプロポジションしあわせの法則オル・パーカージュリアン・ムーアマイケル・ケイン犬猫四角い恋愛関係レナ・ヘディセリア・イムリーマシュー・グードロザリオ・ドーソンリンダリンダリンダ中村ゆりアナポリス藤井隆青春の誓いタイリース・ギブソンジャスティン・リンパッチギ!スパイダーマン王の男ツッチーレジーナ・ホールJUON/呪怨ミッチーイ・ジュンイクカム・ウソンイ・ジュンギ井坂俊哉ロード・オブ・ザ・リング釜山シンシア・ニクソンダイモンクリス・ノースジェニファー・ハドソン愛はサイズを超えるファット・ガールキム・キャトラルダコタ・ブルー・リチャーズサム・エリオットライラの冒険黄金の羅針盤南アフリカエヴァ・グリーンマイケル・パトリック・キングシンガポール井筒和幸宇宙戦争木村佳乃蜷川幸雄蜷川実花成宮寛貴椎名桔平バジリスクナイトミュージアムさくらんLOVE&PEACEデニス・クエイドエドゥアルド・ノリエガマシュー・フォックス檀れい吉永小百合フランクフルト戸田恵子ルーイー・マイマンジェレミー・ロンドンチャーリー・シーンダイヤ泥棒最終絶叫計画デヴィッド・ザッカークレイグ・ビアーコアンナ・ファリス小人症ショーン・ウェイアンズプラハヤンシー・バトラーウィーン最凶赤ちゃん計画マーロン・ウェイアンズキーネン・アイヴォリー・ウェイアンズモニークジミー・ジャン=ルイジェイソン・ビッグス僕のニューヨークライフハサミを持って突っ走るプライドと偏見ドナルド・サザーランドティア・レオーニさよなら、さよならハリウッドケン・ローチやさしくキスをしてトニー・コックスアリソン・ハニガン最‘愛’絶叫計画アーロン・セルツァーアッタ・ヤクブアーマッド・リアスエヴァ・バーシッスルトリート・ウィリアムズジョージ・ハミルトン山下敦弘関根史織香椎由宇キルスティン・ダンストブルーハーツジョゼフ・クロスルイーズに訪れた恋は・・・前田亜季ペ・ドゥナリーアム・ニーソン愛についてのキンゼイ・レポートキーラ・ナイトレイクリス・オドネルビル・コンドンピーター・サースガード太陽ロバート・ベントン柄本佑阿部サダヲ中村七之助宮藤官九郎古田新太松田龍平松尾スズキ長瀬智也真夜中の弥次さん喜多さんあなたを忘れないクイーン・サイズニゲスト・リケ26YEARS日本DIARY酒井若菜恋の門ジェームズ・マーシュ罪の王キングイッセー尾形ロバート・ドーソンバーニー・マック桃井かおりペル・ジェームズローラ・ハーリング大統領選挙ヒップホップ・プレジデントソフィア・マイルズトリスタンとイゾルデクリス・ロックケヴィン・レイノルズアネット・ベニングアルフレッド・ヒッチコック28歳の革命スティーヴン・ソダーバーグウラジミール・クルスサンティアゴ・カブレラマーク・ウォールバーグエヴァ・メンデスステファン・エリオットプリシラジェームズ・グレイベニチオ・デル・トロリー・イエンウーピー・ゴールドバーグメグ・ライアングウィネス・パルトロウサマンサ・マシスマーサ・プリンプトンコン・リーレオン・カーフェイ西太后テレンス・スタンプヒューゴ・ウィーヴィング西門えりか加瀬亮尾野真千子石井克人ノッキン・オン・ヘブンズ・ドアトーマス・ヤーンヤン・ヨーゼフ・リーファースティル・シュヴァイガー吹石一恵池脇千鶴ジェフリー・ライトマチュー・アマルリックオルガ・キュリレンコジェマ・アータートンイェスパー・クリステンセン寺島進007/慰めの報酬マーク・フォースターカトリン・カートリッジパトリシア・アークエットエマ・ロバーツ美少女探偵ナンシー・ドリュー恋空マックス・シエリオットローラ・ハリングジュリア・ロバーツアンドリュー・フレミングレイチェル・リー・クック今井夏木臼田あさ美ジョン・トラヴォルタロジャー・クリスチャンバトルフィールド・アースバリー・ペッパー新垣結衣香里奈小出恵介三浦春馬エリック・ロバーツネイサン・フィリオンヴァネッサ・ウィリアムズ椿三十郎森田芳光ケヴィン・ダニエルズリチャード・シェンクマンロザンナ・アークエットウイルミナ・スレイターアグリー・ベティ鈴木杏松山ケンイチジェレミー・シストエイドリアン・シェリーシェリル・ハインズレニー・ゼルウィガーユアン・マクレガー織田裕二ピーター・ラビットエミリー・ワトソンロードムービードイツレオ・マッケリーマリーナ・ザスーヒナアレクサンドル・ラズバシアレクセイ・ネイムィシェフビング・クロスビーバリー・フィッツジェラルドチーム・バチスタの栄光我が道を往くリーゼ・スティーヴンスアンドレイ・シュチェティーニンスラムドッグ$ミリオネア第81回アカデミー賞2009年ボイド・ゲインズ外国映画賞おくりびとヒース・レジャーつみきのいえ短編アニメ賞吉川晃司池内博之ミハエル・モショノフ東京フィルメックステヒリームリモール・ゴールドスタインラファエル・ナジャリ紀元1年が、こんなんだったら!?ユダヤ教イスラエル水島精二新海誠ホーム・ソング・ストーリーズ田中直樹田口浩正僕の母の物語スティーヴン・ヴィドラー山崎まさよし秒速5センチメートルトニー・エアーズジーン・アンソニー・レイエディ・バーススティーヴン・ゴールドマンケリー・プレストントビー・キースケイト・ウィンスレットマイケル・シャノンリウ・イエチアン・ウェンサム・メンデスウィリアム・A・グレアムフランコ・ネロカルロ・ジュフレニコレッタ・ブラスキピノッキオロベルト・ベニーニミーノ・ベレイウィリアム・ホールデンスピルバーグキム・ロッシ・スチュアートルー・イーホウ・ヨンアラン・パーカーロドリゴ・サントロカタリーナ・サンディノ・モレノアイリーン・キャラバリー・ミラーポール・マクレーンローラ・ディーンリー・キュレーリフランカ・ポテンテヨアキム・デ・アルメイダ数奇な人生ベンジャミン・バトンジャスミンの花開くブラッド・ピットデヴィッド・フィンチャーカルロス・バルデム別れの手紙39歳マーク・ウォーターズマーク・ラファロ史上最低の作戦トロピック・サンダー続・三丁目の夕日ALWAYSジャック・ブラックロバート・ダウニー・Jr.デヴィッド・S・マーフィールドピーター・コヨーテルーカス・ブラック山崎貴堀北真希笹野高史小澤征悦石橋凌片岡礼子松田美由紀小雪堤真一瀧本智行ジュリー・デルピーリチャード・リンクレイタービル・プルマンケイト・ベッキンセールミス・ポタージョナサン・カプランブロークダウン・パレスジョン・ヒルコートレイ・ウィンストーン血の誓約デイヴ・マイヤーズソフィア・ブッシュアンヌ=マリー・ダフノーラ=ジェーン・ヌーンウェイキング・ライフドロシー・ダフィアイリーン・ウォルシュショーン・ビーンマグダレンの祈りピーター・ミュラン犯人に告ぐランダ・ヘインズ引き裂かれたカーテンデヴィッド・オパトッシュリラ・ケドロヴァボラット栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習ラリー・チャールズケン・ダヴィティアンサシャ・バロン・コーエンジュリー・アンドリュースポール・ニューマンマーシャル・ハースコヴィッツオリヴァー・プラットジャクリーン・ビセットナオミ・ワッツあるスキャンダルの覚え書きアンドリュー・シンプソンビル・ナイリチャード・エアージャスティン・ティンバーレイク臨死ジョン・アーマントリニ・アルヴァラードベット・ミドラージョン・グッドマンリアリティ・バイツシャーリー・マクレーンサンドラ・ブロックリチャード・ハリスアブラハムの物語アダムとイヴピーター・オトゥール天地創造エバン・オールマイティーエヴァ・ガードナージョン・ヒューストンノアの方舟ソドムとゴモラバベルの塔ダニー・ヒューストンジョン・ハートダニー・デヴィート地球が静止する日リヴァー・フェニックススコット・デリクソンジェニファー・コネリーマシュー・ブロデリックジョン・ホワイトセルエマニュエルの贈りものイルミネーション大戦争ライトアップ!キアヌ・リーヴスグレン・ゴードン・キャロンアンヌ・フォンテーヌファニー・アルダン、エマニュエル・ベアール、ジェラ恍惚ピクチャー・パーフェクト彼女が彼に決めた理由(わけ)ジェイ・モーアケヴィン・ベーコンジェニファー・アニストンエマニュエル・オフォス・エボワジム・マクラーレンHEAVENヘヴン北野武ヴァレリア・ブルーニ=テデスキ マチュー・アマルリルイ・ガレルリース・ウィザースプーン恋人はゴースト女優山谷初男森本レオリサ・ラックスオプラ・ウィンフリーロビン・ウィリアムズナンシー・スターンKids金子賢安藤政信Return「ずっと咲いてる」戯曲野川由美子小林桂樹馬渕晴子久田恵母のいる場所恋愛睡眠のすすめ槙坪夛鶴子シルバーヴィラ向山物語紺野美沙子シャーロット・ランプリング帰郷ボルベールエミリー・ワトソンカルメン・マウラペドロ・アルモドバルデヴィッド・モリッシーシャロン・ストーンマイケル・ケイトン=ジョーンズシャルロット・ゲンズブールミシェル・ゴンドリーアイ・ラヴ・ユー不破万作岡崎愛落合扶樹藤田朋子山脇立嗣久保明萩原聖人田中実スティーヴ・マーティンフレディ・ロドリゲスアン・ハサウェイアン・ハサウェイ/裸の天使ビジュー・フィリップスシリ・アップルビーShopgirl/恋の商品価値バーバラ・コップルアレクシス・ジーナキャサリン・マコーマック

QRコード

QR

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。